こんにちは
夫です

優待クロスはじめてみました!


2153684





優待クロスとは?



優待クロスとは、現物の買いと、信用取引の売りのポジションを同時持って、
株の権利確定日まで保有すると
株価の変動に左右されずに、手数料だけで
株主優待をゲットできるやり方です。

買い注文と売り注文を同時にすることを、
単にクロス取引と言います。

超簡単に言うと、
少しの手数料(数十円〜数百円)で
株主優待を取得する方法です。


2. 株主優待のために現物買いすればいいんじゃないの?


単純に、権利確定日に現物買いをして、
権利確定日の翌日に、売ればいいのではないのか。
と思う人もいるかも知れませんが、


通常、権利確定日の翌日は、
株価が下落することが多いので
株主優待を目的に取引をすると、
株主優待以上に損をする場合があります。


ですので、株価に左右されない
クロス取引(買いと売りを同時に)をする
必要があります。


3. 優待クロスで難しい点は?


優待クロスで難しい点としては、
一般信用で売り注文をするときに
購入できる株数に限りがあることです。


信用取引には、制度信用と一般信用の
2種類あります。


制度信用(枠の制限はありません)を利用して、
優待クロスをする場合、
株主優待以上の手数料が掛かってしまう場合があります。


ですので、優待クロスの信用取引で売り注文をするときは
一般信用を使います。


この一般信用の株数に枠があり、
買いたい銘柄を購入することが
できなくなることがあります。

そもそもこの一般信用の枠がなく、
欲しい株主優待がゲットできないということも
多々あります。


4. 優待クロスをするのにオススメの証券会社は?

日興証券がオススメです。

理由は2点あります。


理由①
一般信用の枠が多い。

理由②
信用取引の手数料(金利)が安い。


日興証券は、一般信用の枠が多いです。
ですので、欲しい株主優待を優待クロスで
ゲットできる可能性が高くなります。

また、信用取引の手数料(金利)が安いため、
株主優待を取得するコストがもっとも安くできます。



5. 最後に


会社の先輩が
「銀行に預金しているくらいなら、優待クロスの元本にしたほうがいいよ。」
と言っていました。

まさに、そう思います。

優待クロスは、買いと売り同時にポジションを持つので
元本が減ることはありません。

少しの手数料分だけ減ることになります。

元本はあればあるだけ、株主優待を取得することができるので
多いに越したことはありません。


リスクは少ないので、
ぜひ皆さんもやってみてください(^o^)



参考までに
ではまた

ご意見、質問ありましたら、
コメント、メッセージお待ちしております
メッセージは、メニューの「お問い合わせ」から
お願い致します


にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ